新宿区四谷にあるふたば法律事務所。不動産トラブル、顧問弁護士、交通事故などのご相談はお気軽に。

債権回収

未払の売掛金や貸付金・診療費・滞納家賃など債権回収の問題は、日常の企業活動とは切り離すことのできない問題です。

当事務所では、企業の債権回収において豊富な実績と経験を持つ弁護士が、法的観点のみならず、御社の業務内容・今後の取引先との関係など背景事情も踏まえて万全の体制で、御社をサポートさせていただきます。

当事務所の弁護士は、これまでに、債権回収株式会社・医療機関・賃貸管理会社、その他一般企業を代理して、様々な債権回収の経験と実績があります。

債権回収は、いざ不払となってから相談するのでは遅すぎます。
当事務所では、取引先等との契約締結・受発注の場面から、不払や焦げ付きの可能性をできるだけ減らし、より確実な債権回収のために何をすべきかを、実務や裁判例・相手の動向等を踏まえて助言致します。

また、実際に債権回収が困難となるおそれがある場合には、仮差押・仮処分・支払督促・訴訟など様々な法的手続の中から、状況に応じて最善の方法を選択します。

たとえ、企業努力により売上を上げても、実際に債権を回収できなければ、当てにしていたキャッシュが入ってこないため、企業経営に重大な影響を与えます。

中小企業や個人事業主ほど経営にあたえるインパクトが大きいことでしょう。

当事務所では、例えば、次のような相談を受け付けております。

ご相談事例

・新規の取引相手で、売掛金の回収に不安もある。相手について、どういう調査をすればよいか。
また、売掛金保全のため、何をしておけばよいか。
・約束の支払時期を過ぎたのに売掛金を払ってこない。どういう手順で、売掛金の回収を進めればよいか。
・取引先破綻の噂がある。債権回収のため、何をしておくべきか。破産してしまったら、売掛金は全然返ってこないのか。
・取引先に買掛金を支払おうと思ったら、裁判所から、差押・仮差押えの決定が届いた。どこに払えばよいのか。

このように債権回収に関する疑問や悩みは尽きませんが、債権回収は、素早い判断と素早い行動が大切です。自社で回収が難しいと判断したらすぐに当事務所に相談してください。

当事務所では、相手の動向・資力・交渉経緯など具体的な状況に応じ、最適な手段で債権の回収を図り、御社の債権の焦げ付きを最小限に抑えるよう全力を尽くします。

是非、お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談下さいお電話、ご相談フォーム、メールなどでお待ちしております。

Copyright © 2010-2018 立ち退き料・立退補償・家賃滞納の弁護士無料相談(賃貸トラブルの悩みをスピード解決) All Rights Reserved. プライバシーポリシー